【MFBA17レポート その4】ワークショップ

May 31, 2017

ワークショップ

ワークショップの多さもMFBAの特徴の一つだ。専用の大きなスペースがあったり、各展示内で行っていることもある。

ここではいわゆるワークショップだけではなく、体験型の展示も含めて紹介する。

影絵

今回個人的に一番興味をそそられたのがこの影絵のワークショップ。上記は完成品。

裏から見るとこんな感じ。

回転させたり、光の当て方を工夫している。

こういったパーツから選んでつくっていく。

はんだ付け教室

会場内ではMaker Faireのロゴの形をした基板にLEDを付けたものをよく見かけるが、このはんだ付け教室で作れる。

老若男女にかかわらず、多くの方が参加している。

ゴム動力クラフト飛行機

ゴム動力のクラフト飛行機(モノレールというべきか?)をつくって飛距離がどれだけ出るか競争する。

ピタゴラ装置

ワイヤーの参加型アート

ワイヤーでできた木に、来場者が枝を付けて伸ばしていく。

Levity Grove

ダンボールロボットアーム

ダンボールで出来たロボットアーム

工具の体験

さまざまな工具の使い方などを教えている。

幾何学形状を作る

ITSPHUNという幾何学的図形を組めるパーツ。

ITSPHUN Geometric Art

透明テープで作るブロック

透明テーブでブロックを作り積み上げていく。

箱をラップとテープで覆って文字や絵を書いたあと、中の箱を取り出している。

VR

VR体験はいくつかのブースで行っていた。

プレゼンテーション

時間の関係でほとんど見ることができなかったため今回のレポートでは取り上げられていないが、Center Stageを始め、展示エリア内に設けられた幾つもの舞台でプレゼンテーションが行われている。

まとめ

ワークショップはさまざまなところで開催されており、はんだ付け教室のような定番は別として、どこで何をやっているのかわからない。時間もそこそこ取られるが、「体験」というのはその場でしか出来ないので、できるだけ参加してみることをオススメしたい。

以上でMFBA2017レポートを終える。